最新情報

平成29年10月13日(金)

福岡高等視覚特別支援学校PTAより施設見学

福岡県立福岡高等視覚特別支援学校PTAのみなさん11名が当センターに施設見学にみえました。

当センターの全体的な説明をお聞きいただいた後、作業所部門でドットパック(点字紙リサイクル紙製品)の制作の様子を見ていただきました。また、IT部門では日常生活用具の取り扱い業務や視覚障害者への音声による情報保障(DAISY、音声コード)に関する説明などを聞いていただき、あはき部門では、開業や就職へ向けて施術の練習をしているところを見ていただきました。

お帰りの際にはたくさんのドットパックをご購入いただきました。ありがとうございます。

写真:作業所部門見学の様子

写真:IT部門で説明を聞いていただいている様子

写真:たくさんのドットパックを購入していただく

平成29年10月6日(金)

アルモニーサンク社員研修

アルモニーサンクさんより、視覚に障害がある方により美味しく食事をしてもらうために当事者による社員研修をしてほしいとのお申し出があり、当センターの職員、利用者の2名で研修を行いました。

見えない・見えにくいとはどういう状態なのか何が困るかなどの話や、手引きの仕方、テーブルへの案内の仕方など実際にしていただきました。

写真:

写真:

写真:

平成29年9月24日(日)

ランチコースで役員、職員、利用者交流会

アルモニーサンクさんは、障害があっても快適に食事ができるように様々な配慮をしたランチコースの提供をされています。

昨年に引き続き、今年もおいしい食事をしながら交流会を実施しました。総会などでしか顔を見ることができない役員の意外な側面が垣間見られたりで楽しい交流会になりました。

アルモニーサンクさんには、これ以外でも、点字名刺のご注文、社員への視覚障害研修ご依頼などをいただいています。

写真:

写真:

写真:

平成29年9月5日(火)
14:00〜15:30

三重県議会 健康福祉病院常任委員会より視察

あいずのホームページをご覧になって当施設に興味を持たれた三重県議会議員8名と事務局2名のみなさんが調査研究のためにお出でになりました。

法人の野村理事長にも来ていただき、あいずの理念などについて話していただきました。

議員のみなさんには、三つの部門(作業所、IT、あはき)の作業の様子を見ていただき、事業所の全体的な状況などについても知っていただきました。

また、お帰りの際にはたくさんのドットパックをご購入いただきました。

このようにして遠くのみなさんから施設見学に来ていただくのは大変嬉しいことです。

写真:作業所部門見学の様子

写真:IT部門見学の様子

写真:たくさんのドットパックを購入していただく

平成29年7月4(火)
16:00〜20:00

写真:展示会場

発達障害についての職員研修

視覚障害だけでなく他の障害についても理解を深めるために外部の講師をお招きして職員研修を行ないました。講師は、株式会社縁(ゑにし)の立目章先生で、発達障害のある人の特性や支援方法について学習しました。

平成29年7月2日(日)
10:00〜16:00

「見えない・見えにくい人のための福祉機器展 in 北九州 2017」

就労支援センターあいずも日常生活用具の紹介や体験のためのブースを出展しました。今年は、その他に別室で開催されるセミナーを主宰します。内容は、プレクストークを使ってDAISY図書を効率よく読む方法についてです。DAISY図書は、大量の文書であっても自分が読みたいところだけを効率よく読む方法を学習していただきました。

写真:展示会場

平成29年5月6日

九州ロービジョンフォーラム

2017 九州ロービジョンフォーラム in 北九州

北九州国際会議場で開催された九州ロービジョンフォーラムにブース出展しました。

作業所部門は、点字新聞再利用の「ドットパック」(封筒、しおり、バッグ、コースターなど)の展示・販売を、IT部門は、音声・拡大読書器の新製品「快速よむべえ」の展示・説明をしました。

平成29年4月10日〜23日

ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業個別研修

インドの全盲の青年であるラムダスさんの個別研修を2週間あいずで担当しました。

市内の支援施設・団体や福岡教育大学の韓研究室などにも協力していただき有意義な研修ができました。また、土曜や日曜にはあいず職員や利用者のみなさんと市内見学もして楽しい時間も過ごしていただきました。

6月に大阪で行なわれた修了式にもスタッフが2名参加してラムダスさんもとても喜んでいました。

修了式写真1

修了式写真2

平成29年3月5日(日)
10:00〜12:30

音声触図学習システム研修会

NPO法人あいずの主催で「音声触図学習システムの研修会が開催されました。講師は、名古屋盲学校の細川陽一先生で、他に名古屋工業大学の学生さん2人がお手伝いで来ていらっしゃいました。参加者は福岡からの4名の方を含め40名ほどでした。

地図や動物、時計などの立体コピーを触わりながら指でトントンとたたくと音で情報を知らせてくれます。ゲーム的な要素も取り入れてあって楽しく情報を知ったり学習したりできるシステムでした。

写真:細川先生と二人の学生さん

写真:体験しているところ

平成29年
1月27日〜29日

手しごとふくし逸品展

NPO法人北九州小規模連が運営する北九州共同受注センターの主催による「手しごとふくし逸品展」の第1回目がクロサキメイト中央広場で開催されました。北九州市内の6つの障害福祉施設から選ばれた生産品が出展・販売され、あいずの「ドットパック」も好評でした。また、あいずのあはき部門は、会場でワンコインマッサージも行ない日頃の訓練の成果を地域の方たちに披露しました。

第2回目は、2月17日(金)から19日(日)の3日間に開催されます。ワンコインマッサージは、18日(土)の11時から16時です。ドットパックの展示即売は、日曜は16時まで、他の2日間は18時まで行なっています。

どうぞお出でください。

写真:会場の様子

写真:ワンコインマッサージ

平成28年
12月16・17日

ブレイルセンス音ハンドU2ミニ研修会

ブレイルセンスオンハンドU2ミニ研修会

見えない人のための情報端末機「ブレイルセンスオンハンドU2ミニ」の研修会を2日間にわたり行ないました。

「U2ミニ」は、見えない人がメモをとったり、インターネットにアクセスして情報をとったり、メールをしたりなどパソコンと同じようなことができます。入力は「6点入力」で6個のキーを使ってします。出力は、点字ディスプレイと音声になります。

講師は発売元の有限会社エクストラの深見さんに静岡から来ていただきました。すでに「U2ミニ」をもっている方にはレベルに応じてマンツーマンの研修を、これから購入しようと考えている方には、実機を使っての体験をしてもらいました。

また、北九州市の事業である「障がい者パソコンサポーター派遣事業」の登録インストラクター4名の方にもサポートに必要なことをグループ研修していただきました。

平成28年
11月3日(祝)

5周年記念行事

写真:点字体験

当センターが小規模共同作業所から指定障害福祉サービス事業所に移行してこの11月で5年になりました。日頃の感謝の気持ちを含め、また、もっと当センターの活動や視覚障害のことを知っていただくために、記念イベントを開催しました。

国家資格保持者による無料マッサージ体験、iPhone相談・体験、点字紙を使った紙細工製作体験、ゲームなど、それぞれ多くの方に体験していただくことができました。

また、北九州市障害福祉課の小西係長、北九州市障害福祉団体連絡協議会の北原会長、北九州市立東部障害者福祉会館の森館長にそれぞれ祝辞をいただきました。

写真:野村理事長挨拶

写真:マッサージ体験

平成28年
10月22日(土)

ふれあいフェスタKITAMOUに出店

ふれあいフェスタKITAMOUに出店

福岡県立北九州視覚特別支援学校のふれあいフェスタKITAMOU(運動会)に出店しました。当日は、あいにくの雨でしたが、教室をお借りしての販売となり、生徒さん、そのご家族の方、先生方など多くの方に「ドットパック」(点字紙を使った封筒、バッグ、かごなど)をたくさんお買い上げいただきました。ありがとうございます!

平成28年
10月15日(日)

中本町「秋まつり福祉まつり」に出店

町内の商店街で開催された「秋まつり福祉まつり」に出店し、ワンコインマッサージ、点字体験などで地域の方と交流を深めました。

写真:マッサージ体験

写真:点字体験

平成28年9月1日(月)

就職おめでとうございます!

昨年4月から通所していたFさんが、市内の大手整骨院に正社員(施術者)として9月1日付けで採用されました。Fさんは、一昨年3月から就労に向けて施術や接客対応の仕方の訓練を当センターで熱心に受けていました。

平成28年8月24日(水)

DAISY図書作成ソフト研修会

NPO法人サイエンス・アクセシビリティ・ネットの代表である鈴木先生と日本大学短期大学部の山口雄仁教授をお招きして、IT部門の職員、利用者にDAISY図書作成ソフトChattyInftyについて3時間半にわたる研修をしていただきました。このソフトは全盲の利用者が使えるように設計されているため、IT部門では、今後需要が見込まれるDAISY図書制作を事業として取り組んでいきます。

研修後1時間ほど意見交換を行ない、さらに使いやすいソフトにしてもらうための提案を出しました。

山口雄仁教授は、岡山短期大学から視覚障害を理由に「授業外し・研究室明け渡し命令」を受け、撤回を求めて大学を提訴し、裁判を起こしている山口雪子先生のお兄さんでもあり、ご自身も全盲です。

平成28年8月20日・21日

全国盲ろう者大会へ出展

8月19日から4日間にわたって西日本展示場で開催された「第25回全国盲ろう者大会」にIT部門の利用者・職員がブース出展しました。会場では、音声拡大読書器、触読式振動時計、集音器、電子白状などを展示し、来場者に体験をしていただきました。

盲ろう者として日本で初めて盲導犬ユーザになった門川紳一郎さんも来場されていて、所長と久しぶりに遭遇。

写真:会場の様子

写真:会場の様子

写真:所長と門川さん

平成28年8月19日(金)

ワンコインマッサージ&点字ワークショップ

点字体験ワークショップ&ワンコインマッサージ

今日の「一丁目の元気」は、あいずの担当で2つのイベントをしました。

1.ワンコインマッサージ(毎週第3金曜日)
毎月恒例のイベントになり、9名の方に来ていただき、夏の疲れを取っていただきました。
2.点字ワークショップ
8月2日に実施した内容とほぼ同じ内容で午前の部と午後の部の2回実施しました。合計9名の方に、点字の勉強や点字紙を利用した小箱づくり、アイマスクをして視覚障害体験、盲導犬ユーザから盲導犬の話を聞くなど1時間半にわたり有意義な時間を過ごしていただきました。
平成28年8月2日(火)

「一丁目の元気」で点字ワークショップj

「ひまわり学園」PTAの親子7人の皆さんに参加していただき、夏休みのひと時を点字の勉強や点字紙を利用した小箱づくりの体験をしていただきました。また、アイマスクをして視覚障害体験をしたり盲導犬ユーザから盲導犬の話を聞いたりしました。

写真:盲導犬ユーザの話を聞く

写真:点字紙を使って小箱を製作

写真:点字紙を使って小箱を製作

平成28年8月1日(月)

北九州視覚特別支援学校から見学

北九州視覚特別支援学校の先生14名と保護者1名の方が見学にいらっしゃいました。IT部門では、日商パソコン検定の対策をしているところを、作業所部門では、点字紙を使った封筒など(ドットパック)を作っているところを、あは機部門では、骨格模型と臓器模型を使って人体の構造を勉強しているところをそれぞれ見学していただきました。

お帰りにはたくさんのドットパックをご購入いただきました。ありがとうございます。

写真:作業所部門

写真:あは機部門

平成28年7月27日(水)

ランチ会

今日は、利用者・職員のみなさんと小倉のアルモニーサンクで豪華コースランチを楽しみました。

これは、アルモニーサンクが障害があっても気兼ねなく楽しくコースランチを楽しんでもらおうという企画に乗って、当センターのレクレーション活動の一つとして実施したものです。

見えない見えにくい人も楽しめるよう事前打ち合わせもしていただいていたので、みなさん、かなり楽しく食事をいただけたようです。

盲導犬ナイルはおとなしく椅子の下に待機しています。

写真:会場の様子

写真:盲導犬ナイル

写真:デザート

平成28年
7月22日(金)

法人役員との懇親会

法人役員との懇親会

先月青森で開催された日盲連連全国大会に参加した役員の方が送ってくれた東北の酒を飲みながら利用者と役員の懇親を深める目的で実施しました。会場は、多目的室(通称「居酒屋あいず」)です。

平成28年
7月15日(金)

一丁目でワンコインマッサージ

「一丁目の元気」でワンコインマッサージ

毎月第3金曜日の昼休み前後で実施しているワンコインマッサージですが、今回は、小倉祇園で町中がにぎわう中、商店街の方や通りがかりの方など8名の方に来ていただきました。

次回は、8月19日です。ご来場をお待ちします。


【一丁目の元気】

北九州市小倉北区京町1-6-1

電話/FAX 093-383-6061

平成28年
6月12日(日)

福祉機器展に出展

「見えない・見えにくい人のための福祉機器展 in 北九州 2016」に出展

施設外就労支援の一環としてIT部門の利用者のみなさんと参加しました。今回は、シナノケンシさんが出展されないということでプレクストーク関係の機器とWindows7、8、10のパソコンにPC-Talkerを搭載したものを展示し、来場者の方に操作体験をしていただきました。

平成28年5月23日(月)

社会福祉法人佐賀ライトハウスから見学

写真:ドットパックをお買い上げ

佐賀ライトハウスの職員の方6名が見学にお出でになりました。視覚障害者施設としては大先輩で規模も数倍ある施設からの見学ということで何かお役に立つことがあるのだろうかと心配しましたが、見学後、大変参考になったと言っていただき少し安心しました。

平成28年5月20日(金)

「一丁目の元気」でワンコインマッサージ

「一丁目の元気」は、北九州市の助成を受けてNPO法人北九州小規模連が運営している障害者自立支援ショップです。市内の障害者施設の生産品を販売するだけでなく、障害者雇用や地域との交流などの役割を担っています。

その地域交流の一環として5月から毎月第3金曜日の11時30分から14時まであいずの通所者によるワンコインマッサージをイベントとして実施することになりました。地元の京町商店街の方や通りがかりの方に少しでも安らぎの時間を過ごしてもらい、「一丁目の元気」やあいずをはじめとする市内の障害者施設のことなどを知っていただければと思います。

写真:マッサージの様子1

写真:マッサージの様子

平成28年5月13日(金)

広島大学の学生さんが見学

写真:IT部門で説明を受けるHさん

広島大学教育学部4年生のHさんが卒論の準備のためにあいずを見学にみえました。北九州のご出身だそうで、できれば北九州で就職したいとのことです。立派な卒論を書いて北九州に戻ってきて下さい。

平成28年5月11日(月)

下関南総合支援学校から見学

下関南総合支援学校からお二人の先生が見学にみえました。昨年の卒業生2名が頑張っている様子も見ていただきました。

平成28年
4月11日(月)、5月11日(水)

写真:黄色いレシートキャンペーンの様子

黄色いレシートキャンペーン

イオン戸畑で毎月11日に行なわれている「黄色いレシートキャンペーン」に4月、5月と参加しました。たくさんのレシートをありがとうございました。

平成28年4月6日(月)

名刺に点字を入れてみませんか?

異動のシーズンです。新しい名刺に点字を入れてみませんか? 点字入りの名刺でより円滑なコミュニケーションが取れるかもしれません。

印刷した名刺をお持ち下さい。50枚1000円、100枚1500円で点字をお入れします。

平成28年3月30日(水)

花見をしました

みんなで近くの公園で花見をしました。まだ3分咲きでしたが午後のひと時を弁当を食べながら楽しく過ごしました。弁当は、同じ障害者施設のS.F.T.北方作業所に作っていただきました。

盲導犬ベリーも楽しそうです。

写真:花見の様子

写真:盲導犬ベリー

写真:花見弁当

平成28年3月28日(月)

就職おめでとうございます!

この3月にお二人の方の就職が決定しました。おひとりは、市内の医療機関に事務正職員として、もうおひとりは、施術師として市内の整骨院です。

お二人があいずで訓練を積むなどして頑張った結果です。他の利用者の方も後に続いて欲しいと思います。

平成28年3月5日(土)

パソサポ養成講座模擬サポートに協力

北九州市の事業で障害者に在宅でパソコンをサポートする「障害者パソコン

サポーター派遣事業」があります。その派遣サポーターを養成する講座に当センターの利用者3名が参加協力しました。

写真:養成講座の様子

平成28年2月25日(木)

在宅利用サービス開始

本日から当センターでは、通所利用に加えて在宅利用サービスの提供を開始しました。働きたいという意欲がありながら移動が困難なため就労系の障害福祉サービスが受けられなかった方は、一度、ご相談ください。就労移行支援サービスと就労継続支援B型のサービスが利用できます。

各サービスとも若干名の利用者を募集しています。なお、サービス種類・部門によっては、視覚障害以外の障害者の方の利用もできます。

平成28年2月23日(火)

RKB毎日放送「豆ごはん」取材

当センターの活動を取り上げていただきました。3つの部門で田畑アナウンサーにいろいろ体験していただきましたので、当センターの日頃の様子がよく分かる番組になるものと期待しています。

作業所部門では、実際に名刺に点字を印刷する作業を、IT部門では、画面やマウスを使わないで、音声を便りにキーボードだけでパソコンを操作していただく体験をしてもらいました。また、あはき部門では、通所者からマッサージを受けていだたきました。

放映は、3月23日(水)午後7時からの予定です。*放映日が16日から23日に変更になっています

写真:RKBテレビ「豆ごはん」取材IT部門

写真:RKBテレビ「豆ごはん」取材あはき部門

写真:RKB「豆ごはん」取材作業所部門

平成28年2月22日(月)

写真:ていたんバッグ

「ていたんバッグ」のご採用ありがとうございます!

「八幡東区青少年育成会協議会研究集会」で配布する資料を入れるための封筒に、当センターで製作している「ていたんバッグ(A4サイズ)」を採用していただきました。

「ていたんバッグ」は、当センターの作業所部門で製作している点字紙を再利用して作る紙製品「ドットパック」シリーズのひとつです。白地に点字が美しい模様となっています。

八幡大谷まちづくり協議会様ありがとうございました。

平成28年2月19日(金)

写真:土井先生に患者役をしていただく

長崎盲学校から見学

長崎盲学校から土井先生が見学にいらっしゃいました。

IT部門では、エディターを使ってhtmlやcssのプログラミングをしているところを一緒に体験していただきました。

あはき部門では、長崎盲学校出身の教え子である丹波さんから施術を受けてもらいながら接客技術の研修の様子を見ていただき、丹波さんの成長ぶりを確認していただくことができました。

平成28年2月19日(金)

FM FUKUOKA「モーニングジャム」で取り上げられました

本日10時過ぎに当センター通所者の山本さんが電話でインタビューを受け、当センターの活動を紹介してもらいました。録音していますので、お聞きになりたい方はお問い合わせください。

23日は、RKBテレビの取材が入ります。

平成28年2月17日(月)

点字名刺印刷のためのピン組み

福岡県教育センターより施設内での就労支援等の見学

福岡県教育センターより指導主事の方と研修員(視覚特別支援学校教諭)の方2名が見学にいらっしゃいました。

作業所部門では、ご自分の名刺に名前を点字で印刷する作業を実際にしていただきました。写真はそのためのピン組みをしているところです。

IT部門では、スクリーンリーダを使ってエクセルの関数の使い方などの学習を利用者のみなさんと一緒にしていただきました。

また、あはき部門では、通所者からマッサージを受けていただきました。

平成28年2月1日(月)

写真のエスコートゾーンの向こうのビルの2階にあいずがあります。

浅生交差点にエスコートゾーン

市内で3か所目のエスコートゾーンが浅生交差点の4つの横断歩道に敷設されました。道幅の広い交差点の横断歩道を白杖を使ってまっすぐに渡るのはとても難しいものです。これで少し安心して渡ることができるようになりました。

通所者の方にも大変好評です。

平成28年1月27日(水) 福岡市視覚障害者福祉協会より役員2名の方が見学にいらっしゃいました。
 以前の情報ページへ

更新履歴

平成29年 9月 7日 27年度の「最新情報」を以前の情報ページへ移行しました。
平成29年10月21日 トップページの「最新情報」を更新しました。
平成29年 4月22日 「見えない・見えにくい人のための福祉機器展 in 北九州 2017」のページを作りました。
平成28年 5月24日 「見えない・見えにくい人のための福祉機器展 in 北九州 2016」のページを作りました。
平成28年 4月12日 マッサージルームのページを更新しました。
平成27年 7月28日 日常生活用具のページを更新しました。
平成27年 6月 9日 西日本新聞記事へのリンクを貼りました。
平成27年 5月10日 「見えない・見えにくい人のための 福祉機器展 in 北九州 2015」のページを更新しました。
平成26年11月18日 3周年イベントのページを追加しました。
平成26年 5月17日 以前の情報ページを追加しました。
平成25年 6月20日 Jawsスクリプター養成講座のページ を追加しました。
平成24年10月 8日 日常生活用具のページを追加しました。
平成24年 8月31日[更新履歴]をトップページに追加しました。
平成24年 8月10日ページをリニューアルしました。

NPO法人あいずへ

アイサポート相談支援事業所へ