あいずについて

■理念と目標

 ノーマライゼーションの理念を尊重し、視覚障害者の尊厳を守りその自立と社会参加を推進することを目的として発足しました。自分たちでできることは積極的に活動し、行政への提案や提言なども含め世の中と協働しながら障害者にも暮らしやすい社会をつくっていきたいと思っています。

 その目的を達成するために次の活動を行っています。

  • ・視覚障害者の職業に関すること
  • ・情報のバリアフリーに関すること
  • ・福祉の町づくりに関すること
  • ・視覚障害者の生活の質に関すること
  • ・視覚障害者に関する調査研究
  • ・会員相互の親睦

     会員は北九州市内とその近郊に在住する、視覚障害者とその家族、及び視覚障害者の社会的自立推進に関心のある人たちで構成されています。

     障害があっても「自然に、さりげなく、そしてかっこ良く」生きていくための講座や学習会も行っています。また、弱視者問題も大きなテーマとして考えています。

     このような現状の中で、さらに進んだ視覚障害者の日常生活支援や自立推進活動を発展させて行く為には行政や企業との連携を強化するとともに地域住民との相互理解を深めて行く必要があります。

     これからも会員の声を反映した企画を盛り込んでいきたいと思っています。 「あいず」だからできること、まだまだ沢山ありそうです。 あなたの声をぜひ私たちに「合図」してください。

■沿革

平成14年 5月北九州市視覚障害者自立推進協会発足総会
平成17年 8月視覚障害者支援の拠点としての機能を持つ事務所をオープン。
平成17年10月北九州地区で唯一の視覚障害者を対象とした小規模共同作業所を設立し、視覚障害者の就労支援に取り組みを開始
平成18年 8月法人格を取得
平成23年11月「小規模共同作業所あいず」から
指定障害福祉サービス事業所「北九州視覚障害者就労支援センターあいず」へ移行
平成29年 8月「アイサポート相談支援事業所」開設

■運営体制

役職氏名担当
理事長野村 秀紀職業対策部長
副理事長吉松 政春 
理事伊藤 薫事業部長、アイサポート相談支援事業所管理者
大宅 宏志IT部長
大場 敏史弱視者の就労支援
高 清秀事務局長
須藤 輝勝北九州視覚障害者就労支援センターあいず 施設長
原田 八千代女性部長
水上 嘉美広報部長
監事立目 章株式会社 縁(ゑにし)

ページ先頭へ